エリクシールシュペリエル 20代

篠原涼子さんがイメージモデルをつとめているエリクシールシュペリエル、やはり対象は30代・40代なのでしょうか。20代が使ってもOKなのか、使用者の年齢層を調べてみました。
MENU

エリクシールシュペリエルの使用者年齢層は?20代もOK?

篠原涼子さんのCMでおなじみのエリクシールシュペリエル。

 

化粧品のCMでは、ターゲットと同年代の芸能人をイメージキャラクターとして起用することが多いですよね。

 

現在、篠原涼子さんは40代です。エリクシールシュペリエルを実際に使用している方の年齢層も同じなのか気になるところですよね。

 

エリクシールシュペリエルはエイジングケアに分類される商品ですが、最近は10代でお化粧をするのが当たり前となり、エイジングケア商品を選ぶ年齢層もあがっています。

 

20代や30代前半でもシミやシワなどが気になり、早めの対策としてエイジングケア商品をチョイスする方が多いのと、イメージキャラクターの篠原涼子さんが40代には見えない肌質であり、20代や30代の女性からの支持が高いこともあり、彼女への憧れも相まってエリクシールシュペリエルを選ぶ方もいることでしょう。

 

<一番人気の高いローションを20代は使っているか>
エリクシールシュペリエルの中でも人気の高い商品がリフトモイストローションW(化粧水)です。

 

大手クチコミサイトのアットコスメでのクチコミを参考に年代別の使用感を見てみることとしましょう。

 

20代前半では、約100件のクチコミがあり、20代後半では200件近くのクチコミがあります。そしてターゲット層である40代では約140件となっています。

 

もちろんクチコミを書く年齢層が20代や30代に多いことも要因としてあるとは思いますが、20代だけでもリフトモイストローションWへのクチコミは300件あるということになります。

 

サンプル使用も含め、20代も多くエリクシールシュペリエルの商品を使用していることがわかります。

 

私も使用してみたい!という方は、今ならWEB限定のトライアルが発売中なので、試してみてはいかがでしょうか。

 

>>エリクシールシュペリエルの公式サイトはこちら

 

<ベストコスメにも選ばれたエンリッチドクリームCB>
先ほど紹介したローションは3000円(税抜き)です。

 

エリクシールシュペリエルの単品商品の中で、一番高価なものがエンリッチドクリームCBであり、ハリと潤いを与える美容濃密フェイスクリーム8000円(税別)です。

 

近年プチプラブームが続き、メイク用品やスキンケアもプチプラの物をチョイスする方が増えましたよね。

 

そんな中で8000円のフェイスクリームの購入層はどのようになっているのか興味が湧きませんか?ローションのクチコミが多かった20代はこのクリームを購入しているのでしょうか。

 

先ほどのローションと同様にクチコミを見ていくと、20代前半で4件、20代後半で40件弱となっています。

 

ターゲット層である40代では160件弱!先ほど、クチコミを書く年齢層は20代や30代が多いのではという話をしましたが、その層を抑えてのこのクチコミ件数です。

 

やはり高価なものであり、より濃密な成分が含まれたフェイスクリームは、使用者の年齢層が若干あがることがわかりますね。

 

<エイジングケアはいつからするべき?>
エイジングケアとは、エイジング(肌老化)のケア(手入れ)をするという意味合いを持ち、エリクシールシュペリエルのブランドとしての考え方では、年齢に応じたうるおいケアのことを指します。

 

そういった意味合いでは、この年齢になったら始めなければいけない!ということはないのですが、お肌の曲り角と呼ばれる年齢が30代〜40代とされているので、その年代になるとエイジングケアを始める方が多いのが実情です。

 

もちろん年齢に合ったケアをするとこが大事なので、20代ですべきエイジングケアもたくさんあり、保湿や紫外線ケアがその筆頭にあげられます。

 

肌の変化を感じ始めた時点でケアするのがベストだと思いますので、20代で始めるのも問題はないのです。

 

<エリクシールシュペリエルの使用者年齢層は?20代もOK?:まとめ>
価格の問題であったり、成分の濃密度によっても購入者の年齢層が変わることがわかりますね。

 

エリクシールシュペリエルのイメージキャラクターの篠原涼子さんのように、年齢よりも若くみられる肌質を目指すなら、20代からエイジングケアに力を入れてみるのも良いかもしれませんね。

 

今すぐエイジングケアを始めたい方は、1週間のトライアルセットからトライしてみませんか。

 

>>エリクシールシュペリエルの公式サイトはこちら

このページの先頭へ